禁煙に失敗して煙草を吸ってしまう女性

毎回禁煙に失敗してしまうあなた!今度こそ禁煙に成功しましょう。禁煙は意志の問題です。「周りに禁煙するから・・・」などと言ってる方はやめられませんよ!そんなあなたに禁煙についてお話していきます。

禁煙は意志の問題

喫煙を始めたきっかけのほとんどは、興味半分といわれています。吸ってみようかなという好奇心で始めた1本が、いつの間にか吸わなければいられないほどの常習になってしまいます。煙草をやめるきっかけをみると、煙草の大幅な値上げや健康診断で医者に注意されたことや、社内で全面的な禁煙活動が始まったことが多いようです。禁煙の成功大変や失敗談は、インターネット上でもブログで多数公開されています。どれも理由は様々ですが、どんな方法が煙草をやめる確実な手段かということは書かれていません。その理由は、煙草はやめる人の意志の問題といわれているからです。例えば、禁煙の方法は多数ありますが、どれにしようか迷ってインターネット上を検索する人もいるでしょう。その時、どんなヘビースモーカーでもやめられる人はしっかりとやめられ、現在でも禁煙を継続できていますが、1日に数本しか吸わない人でもいろいろな手段を試した結果、今でも煙草を吸っているということもあります。禁煙のカギは、その方法ではなく、本人に本当にやめる意志があるかどうかなのです。煙草の値上げで家計が苦しい、煙草をやめて食費に回さなければやっていけないという切実な思いがあれば、禁煙手段など「ただ吸わないだけ」「キャンディーをなめるだけ」でも成功するのです。医者から「このままでは命にかかわる」と言われて家族の顔が頭をよぎれば、それこそその日から禁煙できるはずです。強い常習性がある煙草ですから、そう簡単にはやめられないことはわかっています。それなら尚更のこと、喫煙を上回る理由を作り、自分にとっても大きなメリットであることを自覚して禁煙にチャレンジするようにしましょう。大きな支えや楽しみがあってこそ、成功につながります。

禁煙セラピーの本を読んでみる

喫煙者になることは簡単でも、習慣性の中毒となるタバコをやめてしまうのは、なかなか難しいことではないでしょうか。しかし、研究によって世間に知られるようになった煙草によるさまざまな害は、ただタバコの中毒になって禁煙できずにいる人だけの問題ではないことが、今では周知の事実となっていますから、単なる嗜好の問題では済まないところまで来ているといっても過言ではありません。タバコを吸うことによっての弊害は、実に多岐にわたりますが、その多くは今までタバコを吸っている人だけが肺がんになるというようなことで知られていましたが、それどころか副流煙という自分が吸わずに周りに撒き散らしているタバコの煙のほうが害が大きいということも分かっています。また、タバコの害は肺がんになるだけではなく、肺気腫や脳梗塞などいろいろな病気を引き起こす原因ともなっていますし、いつも近くにいる非喫煙者の大切な家族にも大きな悪影響を及ぼして、その健康を害してしまうことも大いにあるのです。そういった一連のことを考えれば、禁煙を目指すことである習慣性の中毒からの脱却は、人生でも大きな偉業であるといえるのかもしれません。さて、禁煙を目指したものの、それぞれの事情によってやめるのは大変なことでしょう。禁煙パッチなどの禁煙グッズを活用することや、病院の禁煙外来へ通院するなど、努力をされている方も多いことでしょう。ところが、ある程度禁煙ができたと思っていたにも関わらず、何かのきっかけがあって、やっぱりタバコに手を出してしまったというような場合には、禁煙セラピーの本を読んでみるのも一案です。本を読む程度でやめられるのかと考える向きもあるでしょうが、人間は元来理論的な動物ですから、納得することでやめられることもあるのではないでしょうか。

禁煙に伴う禁断症状を回避する方法

煙草を長らく吸ってきた人にとって禁煙を実現するには越えなければならないハードルが存在する場合が多々あります。どれだけ強い意志を持っていたとしても無理に越えようとすると精神崩壊にまで至ってしまう危険性すらあるハードルとして、ニコチン依存症が知られています。煙草をやめられない大きな理由の一つとして知られているのが、煙草に含まれている快感物質であるニコチンに対して依存症が生じてしまいやすいということです。ニコチンは脳内のニコチン受容体に作用することによって快感を与える生体内物質であるドパミンを放出させるという効果を持っています。そのため、ドパミンの放出を介して得られる快感を欲しいということを脳が覚えてしまうことによって、常にニコチンがなければ身体が勝手に禁断症状を示してしまうようになってしまうことがあるのです。これを回避するということがニコチン依存症になってしまっている人が禁煙するのに必要なことです。その数少ない方法はニコチンの摂取量を少しずつ減らして慣らしていくということであり、最も単純な方法は節煙から始めるということです。しかし、長い時間がかかってしまうこともあるため、一日でも早く禁煙を実現したいというときには気長にできないことでしょう。そういうときに役立つのがニコチン置換療法であり、ニコチンを含んでいる別のものを煙草の代わりに使用することでニコチンの補充をしながら禁煙をすることで禁断症状を回避することができます。最も有名なのがガムの製品であり、禁煙を決意したら代わりにそのガムを噛んでニコチンを摂取することにより禁断症状を回避できます。禁煙を達成したら次にそのガムを減らしていくことで完全にニコチンもやめることができるのです。

↓絶対に禁煙してやるという方は、こちらをお試しください
チャンピックスは通販で購入